「未分類」カテゴリーアーカイブ

【第2回】IBM Cloud と Raspberry Pi を用いたエアコン制御 ー IBM Cloud の設定

<目次>

  1. 初回概要
  2. IBM Cloud の設定
  3. LINE Platform の設定
  4. Raspberry Pi の設定
  5. Raspberry Pi の設定

今回はCloud 環境を作る為に IBM Cloud を使用します。

IBM Cloud で使用したシステムは以下の通りです。

  • Watson Assistant  --- 対話機能(AI)
  • Speech To Text   --- 音声をテキストに変換
  • Text To Speech   --- テキストを音声に変換
  • Internet of Things ーーー Raspberry Pi 基盤との情報交換機能
  • Node-RED   --- 上記(IBM Cloud内)のシステムの制御

この投稿では、上記 IBM Cloud 内システムの設定をご紹介します。


▼   IBM Cloud 設定   ▼

< IBM Cloud のアカウントの作成 >

1. IBM ID の登録および IBM Cloud アカウントの作成ページを開きます。

IBM ID の登録および IBM Cloud アカウントの作成

2. 必要事項を入力し、アカウントを作成します。

※ アカウントを作成するのに、IBM の承認が必要であり1日程度待つ必要があります。

< 各種カタログの作成 >

1. IBM Cloud にログインし、以下のカタログを作成します。

サービス名・アプリ名・ホスト名は任意に入力します 。(ホスト名は後に使用します)

  • Watson Assistant (カテゴリー:Watson)
  • Speech To Text (カテゴリー:Watson)
  • Text To Speech (カテゴリー:Watson)
  • Internet of Things Platform Starter (カテゴリー:スターター・キット)

2. Watson Assistant・Speech To Text・Text To Speechの資格情報をメモします。

< Watson Assistantのセットアップ >

1. ダッシュボードのWatson Assistantサービスを開きます。

2. 「ツールの起動」を選択します。

3. 「Workspaces」を選択し、「Import a workspace」ボタンをクリックします。

4. aispeaker-conversation.jsonファイルを選択しインポートします。

※上記のファイル内容はページの最後に記載します。

※今回は予め作成したものをインポートします。基本的なWatson Assistant の設定方法にご興味をお持ちの方はこちらへどうぞ。

Watson Assistant の使い方を学ぶ

5. 「view detail」よりワークスペースIDをメモします。

【第1回】IBM Cloud と Raspberry Pi を用いたエアコン制御 ー 初回概要


初めて投稿いたします、小島と申します。

ITに関してまだ知識が浅く、閲覧されている皆様にとっては物足りないかもしれず恐縮ですが、学習したことを分かりやすくブログでお伝えしていければと思います。

今回は IBM CloudRaspberry Piを使ったエアコン制御についてご紹介します。

※IBM Cloud ー IBMが提供しているCloudシステム。インターネット環境があれば、Cloud内のシステムを使用できます。

※Raspberry Pi ー 電子部品を本体に接続することによって様々な機能(音声認識・気象観測等)を実装できるコンピュータ。

仕組みは以下の通りです。

続いて使用したソフトウェア、サービス、ハードウェアの一覧です。

<使用機器>

Raspberry Pi 3 Model B
MicroSDカード 8GB以上
キーボード USB接続
マウス USB接続
スピーカー USB接続
マイクロフォン USB接続
ディスプレイ HDMI接続
赤外線リモコン irMagician (USB CDC ACM デバイス)
電源用マイクロUSB 接続 プラグ(A)オス-USB(Micro-B)オスタイプの充電器
ディスプレイケーブル HDMI
ネットワーク接続用 LANケーブル
赤外線リモコン用USB接続 USB(A)オス-USB(Micro-B)オスタイプのUSBケーブル

 

<使用プラットフォーム>

IBM Cloud Cloud Foundry アプリケーション
LINE LINE API

 


 

物理的なエアコン制御は、LINEのチャット機能と音声入出力機を用いて行います。

1. LINEチャットからエアコン操作

ーー

2. 音声入力からエアコン操作

ーー

 

イラストが細かくて恐縮です。

今後も制作しながら、読者の皆様に分かりやすくお伝えできるように頑張ります。

 

今回は、下記URLページを参照して作らせていただきました。

IBM Cloudライト・アカウントによるサンプル・アプリケーション:AIスピーカー編(外部リンク)

次回から下記の4回に分けて、チャットボットの作成手順及びポイントとなる箇所をご紹介予定です。

  1. IBM Cloud の設定
  2. LINE Platform の設定
  3. Raspberry Pi の設定
  4. Raspberry Pi の設定

長い記事になりますが、気長に見て頂けると嬉しいです。

Windows 10 / bootcamp いつ頃からか、USB内のプログラムが実行できない。

いつ頃からか、USB内のプログラムが実行できない。

「指定されたデバイス、パスまたはファイルにアクセスできません。アクセス許可がない可能性があります。」
とダイアログが出て実行できません。

特に不自由はなかったのですが、USB内のパスワード付アクセスプログラムを実行する必要があって
実行できないとフォルダーが開けないので調査。

ネットで検索してもアクセス権限を見直すとかしか出て来ず><

DOS窓から実行すると、ただ「拒否されました」と一言。
こちらの文言の方が迷いがなくすぐ推測がつきました。UAC制御関連なのだと。
で、たどり着いたのが↓の画面

ac1

gpedit.mscを起動
「コンピュータの構成」
「管理用テンプレート」
「システム」
「リムーバブル記憶域へのアクセス」
「リムーバブルディスク:実行アクセス権の拒否」
“有効”になってました。(もしかして覚えていませんが自分で最初に有効にしたのかもしれません。。)

これを未構成に変更してOK。

 

【活動報告】講義に行ってきました

久しぶりの投稿になります。(ネタができたので)
大寒波のため、体調管理にはお気を付け下さい。

先日とある大学で講義のお願いがありましたので、
1コマ分、講義を行ってきました。

テーマは
[仕事について、学生時代について、就職活動について]・・・などなど。

学生の方々はなかなか熱心で、
就職活動を控えているということもあり、就職活動についての話では、
特に興味深く聞いて下さりました。

世間では売り手市場などと謳われてますが、
学生の方々にとっては、初めての就職活動を経験するわけなので、
良い意味で、学生の方々の緊張感を感じることが出来ました。

もちろん、講義の中で弊社の紹介も行ってまいりましたので、
またこうゆう機会があれば、弊社を知ってもらうため、どんどんアピールしていきます。

講義風景

Windows 8 Pro.のエクスプローラーが頻繁に応答しなくなる・・。

3月に入って、Windows Updateをしてから頻繁にエクスプローラーが止まるな・・・と
思っていたところ、Windows Updateで配布された修正パッチが原因があったようです。

自己責任となりますが、同現象が起きた場合、一度お試しください。
私の場合は、今のところ、下記のパッチを当ててから問題は再発していません。

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3048778?wa=wsignin1.0

エクスプローラーの不調を招いていた更新プログラム「KB3033889」の修正版が公開

秀丸で便利だと思ったところ。

こんにちは。秀丸で一番あってよかったなぁ~と
思う機能は、正規表現を使った置換です。一番よく使うものを書きたいと思います。
(と言っても二つありますが・・・)

先頭の文字に@という文字を挿入する編

1.初めはこのような状況
20150220-01ara

2.検索に “^” を入れます。先頭という意味です。
20150220-02ara

3.ごらんのとおり、先頭に@が入りました。
20150220-03ara

行末の空白を削除する編
1.初めはこのような状況
20150220-04ara

2.検索に ” +$” を入れます。行末のスペースを指します。置換は何も入れないようにします。
20150220-05ara

3.ごらんのとおり、行末がきれいになりました。
20150220-06ara

ほんの一部ですが、皆さんも利用してみてください。

PDF帳票印刷サーバ

PDF帳票印刷サーバのWindows Server 2003からWindows Server 2008 R2 / 2012 R2に移行検討の中で、PDFツール SumatraPDFを見つけた。

帳票印刷サーバに、安定性、サポート体制、潤沢な開発システム費用があればウイングアークのSVF一択なのですが、それほどの規模もぜんぜんなく、簡単なPDFファイルを指定のプリンターに印刷するシステムを構築したい場合、以前 アクロバットリーダー AcroRd32.exeを呼び出して印刷していました。

“C:\Program Files (x86)\Adobe\Reader 11.0\Reader\AcroRd32.exe” /h /s /t “C:\app\pdfserver\spool\1_TEST_Canon LBP9200C.pdf” “Canon LBP9200C”

これで印刷は十分できるのですが、いかせんGUIツールですので、サービスプログラムから起動したプロセスから更にAcroRd32.exeをCreate呼び出しても印刷できませんでした。
(GUIツールでもサービスから動作するものもあります。)
ですので、スタートアップに登録して、ログイン状態でないと使えませんでした。

今回、Sumatra PDFというPDF表示、印刷ツールを見つけました。
ソースコード付ですのでカスタマイズも可能です。(すばらしい。)ライセンスは、 GNU General Public License version 3.0 (GPLv3)です。

http://sourceforge.net/projects/sumatrapdf.mirror/
https://code.google.com/p/sumatrapdf/downloads/list

サービスプログラムから起動したプロセスからSumatraPDF.exeをCreate呼び出して試して見たところ、問題なく指定のプリンターに印刷できました。

“C:\apps\SumatraPDF.exe” -exit-on-print -print-to “Canon LBP9200C” “C:\apps\pdfserver\spool\1_TEST_Canon LBP9200C.pdf”

※-exit-on-print -print-toでダイアログ表示無しでサイレントで実行できます。
※デフォルトプリンターへ出力したい場合は、-print-to-default

次回の案件より、簡単なPDF帳票印刷サーバが必要な時はSumatraPDFでシステム構築提案したいと思います。

以上、メモ。