「Microsoft Azure」カテゴリーアーカイブ

Nexus 5 / MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013) Bootcamp Windows 7 (64bit) でADB接続がどうにも接続不安定

開発に使っている、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013) Bootcamp Windows 7 (64bit)で
Nexus 7とかは何も考えなくても、adb接続できてAndroidの開発も問題ないのですが、

Nexus 5 だと、
・#adb kill-server
・#adb start-server
・USBの抜き差し
を何度も何度も行って、やっと繋がる。
C:\Android\sdk\platform-tools>adb devices
List of devices attached
022702f700cdec19 device
でもその内
022702f700cdec19 offline
とか
022702f700cdec19 unauthorized
とかなってだめになります。
普通のWindows機(8.1 DELLだと全然問題ない。)

多分、USB3.0の相性が悪いのかと思い、試しに、
USB 2.0のハブに繋げて見ると問題なく接続できるようになり、
この方法で行うことに。

Androidでアプリ / タブレットでgoogle playのストアーに並ばない時

1.Google Play Devoloper Console
「最適化のヒント」に「タブレット用のアプリを設計する」に表示されています。
t1
minSdkVersionとandroid:targetSdkVersionを対応バジョーンに設定しなさいということで、

AndroidManifest.xml
<uses-sdk android:minSdkVersion=”8″ android:targetSdkVersion=”10″/>
から
<uses-sdk android:minSdkVersion=”11″ android:targetSdkVersion=”14″/>
にしました。Android 3.0以上対応として、Android 2.3は切り捨てることにした。

2.これで、タブレットのアプリに並んだのですが、いつも開発に使用しいる
Nexus 7 (2012) では検索しても出て来ず。

多分、何かのデバイスが足らず、非対応ということだと思い見直したところ、
Nexus 7 (2012) はフロントカメラしか付いておらずバックカメラがありません。
要はカメラが無いのと同じ扱いになっています。ですので、以下を修正
尚、本アプリは、フロントカメラしか付いてないデバイスでも切り替えていますので、
正しく動作します。フロントカメラでQRコードを読むには面倒な操作ですが・・

AndroidManifest.xml
<uses-feature android:name=”android.hardware.camera”/>
から
<uses-feature android:name=”android.hardware.camera” android:required=”false”/>
に変更。(カメラは必須ではないという設定にする。)

Google Play Devoloper Consoleで対応機種を見てみると
Nexus 7 (2012) と表示されました。
これでGoogle Playからダウンロードできます。
t2

※ただし、Nexus 7 (2012) 2台ありますが、片方はストアから
検索できてダウンロードできますが、もう一方は、検索には出てくるが、非対応でダウンロードできません。

Nexus 7 (2012) 4.3 ダウンロード&インストール OK
Nexus 7 (2012) 4.4.4 「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」<=不明です。!?調査中

===追記===
<uses-feature android:name=”android.hardware.camera.front” android:required=”false”/>

も追記すると、Nexus 7 (2012) 4.4.4 でもOKとなりました。
↑「フロントカメラあるのに必須ではない」という設定を入れる。(意味不明)

最終、Nexus 7 を有効にするには、AndroidManifest.xmlは、

<uses-permission android:name=”android.permission.CAMERA”/>
<uses-permission android:name=”android.permission.INTERNET”/>
<uses-permission android:name=”android.permission.VIBRATE”/>
<uses-permission android:name=”android.permission.FLASHLIGHT”/>
<uses-permission android:name=”android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE”/>

<uses-sdk android:minSdkVersion=”11″
android:targetSdkVersion=”14″/>

<uses-feature android:name=”android.hardware.camera” android:required=”false”/>
<uses-feature android:name=”android.hardware.camera.front” android:required=”false”/>
<uses-feature android:name=”android.hardware.camera.autofocus” android:required=”false”/>
<uses-feature android:name=”android.hardware.camera.flash” android:required=”false”/>
<uses-feature android:name=”android.hardware.screen.landscape”/>
<uses-feature android:name=”android.hardware.touchscreen” android:required=”false”/>

でOK。

Android アプリ: QRコード読み取り

いまさらですが、Android アプリ:QRコード読み取りをリリース(FREE)しました。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.seiwa.zxing.client.android

・Zxing2.2をベースにいらない機能を削除して、縦で使えるように実装しています。

・android.intent.category.BROWSABLEにより起動も可能です。(他システムの連携にどうぞ)
 [起動]
  barcodectl://barcode/scan?url=任意のURL?uid=param1&opt=param2
 [読み取り後のアクセスURL]
  任意のURL?uid=param1&opt=param2&code=QRコードデータ&time=読み取ったunix時間

 詳細&カスタマイズはお問い合わせください。

Zxing3.0で縦実装したかったのですが、現状どうにも縦にコンバート
できませんでした。
https://github.com/zxing/zxing

第2回投稿!!!

お久しぶりです!!

2回目の投稿です。

ラムダ式について書いていく前に、Javaの開発環境を整えます。

開発環境はEclipse最新版のEclipse4.4を導入したいと思います。

まずはEclipseのダウンロードサイトへ!!

【URL】http://mergedoc.sourceforge.jp/

こちらのサイトは、日本語で表示されるようにカスタマイズされている「Pleiades All in One」がダウンロード可能なので利用させて頂きます。

こちらををクリック。
dwサイト

環境はwindows8.1 64bitなのでこちらを選択します。
FUll Editionにしたいと思います。

dwサイト2

ダウンロードが完了したら
zipファイルを解凍します。

正しく解凍できればインストールの完了です。
解凍

インストールが出来たので起動してみます。
解凍2

新しい感じが出ている気がします!!
起動

起動2

それでは起動が完了したところで….。

ではまた、つづきは次回にて。

初投稿

どうも、こんにちは。
今回はじめて投稿させて頂きます。

JAVAを使用した開発を行ってみようと思い開発環境からを調べていて
JAVA SEの最新をダウンロードした時に、JAVA SE8からJAVAでも
「ラムダ式」が導入された事を知りました。
恥ずかしながら、「ラムダ式」を知りませんでした…..。

「ラムダ式」????

と言うことでこれから少しづつですが「ラムダ式」について学習した事を
この場を借りて発信して行ければと思います。

第一回目なので
「ラムダ式」とは?

関数型インターフェースを使用することによって
処理をパラメータ化して使用しることが事が可能になる。
ソースコードをより簡潔に書く事が出来る。

これだけだと、いまいち分からないと思うので、
今後定期的に更新するBLOG内で自身の勉強を兼ねて
サンプルを書いていきたいと思います。

星和テクノロジー 技術情報公開ブログ開始

はじめまして!星和テクノロジー株式会社による、IT関連の技術情報公開の場として、ブログを開始しました。
今後、OS,言語,DB,デザイン,IT関連等の開発にまつわる情報をUPしていきたいと思います。

【Windows Azureについて】 (後半IBMはBluemix・・)

本siblogは、MSDN特典として提供されるWindows AzureのVirtual Machines (仮想マシン:CentOS) を実行しWordPressで運用しています。
blogだけでしたら、GoogleのBloggerとかで十分ですが、今回はMSDNのVisual Studio Premium with MSDNを利用して開発テストを兼ねて仮想マシンを立ち上げています。

Visual Studio Premium with MSDNでAzureは、10,500円/月まで毎月無料で利用可能です。
(月々の Azure クレジット)

a1

Windows Azure 利用時の注意事項

1.定期メンテナンスが、月1ぐらいのペースで実施されます。
そのためインスタンスの再起動(サーバリブート)が行われます。
インスタンスの再起動には30分~45分かかります。

1) 24時間連続稼働の重要なシステムは止まってしまいますので、定期メンテナンスによるダウンタイムの発生を防ぐために、アーキテクチャに 可用性セットを使用しないとだめです。

2) 米国西部にサーバを立てている場合、世界協定時刻 (UTC) 2:00とか3:00にメンテナンスが実施されます。
日本時間だと、夜間のメンテナンスではなくて、午前11:00,午前12:00になりますので注意が必要です。

a2

2.仮想サーバでDNSの逆引きはできません。
メールサーバでは、逆引きできないので拒否される可能性があります。

※逆引き設定できるようになりました。(9/24追記)

http://blogs.msdn.com/b/windowsazurej/archive/2014/08/01/blog-announcing-reverse-dns-for-azure-cloud-services.aspx

3.VPSのようなコンソールがありませんので、仮想サーバ上のFW設定を誤ると、接続できなくなる場合があります。この場合は、再作成となります。

●同様のリソース課金制で、Amazon Web Servicesがあります。こちらも今後テスト利用比較する予定です。

●IBMのBluemix
Bluemix は、オープンソース PaaSのCloud Foundry をベースとする、IBM のオープン・クラウド・アーキテクチャーです。Cloud Foundry は、ユーザーがクラウド上でアプリケーションを迅速に作成してdeployできる機能です。

AWSやMicrosoft Azureでは「オンプレミスで稼働している業務システムをどうクラウドに移行するか」
ということが重きにあるのですが、Bluemixになるとそのあたりの発想はなじまないとのこと。
[ITpro ]

実際、テストアカウントをとって使ってみましたが、使えそうで使いづらいという印象です。

a3
phpとか標準では実装されていませんが、有志が作成した、cf-php-bluemixを実装することで
使えます。

a4

ただし、phpのextensionは、 “fpm”,”bz2″, “zlib”, “curl”, “mcrypt”しかセットされていません
ので、せっかくのmysqlやpostgresqlが使用できません。
mysqlは、php内に含まれているのですが、postgres(pgsql)はsharedになっているので、pgsqlが必要なのですが、このままだとだめなので、自分でgitを改修して利用することになります。

a5

a6

(↑2014-06-18時点です。)