【第4回】IBM Cloud と Raspberry Pi を用いたエアコン制御 ー Raspberry Pi の設定1

<目次>

  1. 初回概要
  2. IBM Cloud の設定
  3. LINE Platform の設定
  4. Raspberry Pi の設定
  5. Raspberry Pi の設定

今回は、Raspberry Pi の設定方法をご紹介します。

※Raspberry Pi ー 電子部品を本体に接続することによって様々な機能(音声認識・気象観測等)を実装できるコンピュータ。

▼   Raspberry Pi の設定   ▼

<OSインストール>

1. NOOBS タグの 「Download ZIP」を選択し、Raspberry Pi で使用するOSをダウンロードします。

Download NOOBS for Raspberry Pi

2. タウンロードしたデータをSDカードに展開します。

 

3. SDカードを取り出し、Raspberry Pi にセットします。

4. Raspberry Pi を起動します。

※電源に接続すると自動で起動します。

5. Raspbian[RECOMMENDED]を選択し、「Install」をクリックします。OSのインストールが始まります。

※私は2時間程度かかりました。

6. インストール中に、画面下の選択欄から使用言語を日本語に設定します。

7. 起動後、ダイアログが表示されます。ダイアログの「Next」をクリックします。

8. 国・言語・時間が日本のものであることを確認し、「Next」をクリックします。

9. Raspberry Pi で使用する任意のPasswordを入力し、「Next」をクリックします。

10. Wifi の設定を行い、「Next」をクリックします。

※有線LANを使う場合、設定は不要です。そのまま「Skip」をクリックします。

※設定し忘れた場合、画面右上の両矢印のアイコンからいつでも設定できます。

11. 「Next」をクリックし、アップデートを行います。

※私は1時間程度かかりました。

12. セットアップを行う為に「Reboot」をクリックし、再起動します。

以上でRaspberry Pi のセットアップは完了です。


次回は、Raspberry Pi 内のシステムやインターフェースの設定方法をご紹介します。

【第3回】IBM Cloud と Raspberry Pi を用いたエアコン制御 ー LINE Platformの設定

目次

  1. 初回概要
  2. IBM Cloud の設定
  3. LINE Platform の設定
  4. Raspberry Pi の設定
  5. Raspberry Pi の設定

今回は、LINE Bot の作成と設定についてご紹介します。

※ LINE Bot とは、LINE上でのユーザーの発言に対して自動応答するプログラムです。

▼   LINE Bot の設定   ▼

< LINE Bot の作成 >

1. LINE Developers サイトから、お持ちのLINEアカウントでログインします。

LINE Developers

2. 開発者名とメールアドレスを任意に登録します。

 

3. 新規 Channel 作成画面のサイドメニューから「新規プロバイダー作成」をクリックします。

4. 任意のプロバイダー名を入力し、「確認」→「作成」をクリックします。

5. プロバイダーが作成された後、Messaging API 欄の「チャネル作成する」をクリックします。

6. 各項目を以下のように設定し、規約への同意にチェックした後「作成」をクリックします。

  • アプリ名:任意のアプリ名を入力
  • アプリ説明:任意のアプリ説明を入力
  • プラン:「フリー」を選択
  • 大業種・小業種:適切な項目を選択
  • メールアドレス:お知らせを受け取るメールアドレスを入力

< LINE Bot の設定 >

1. 作成したMessaging API をクリックします。

2. 作成した Bot の「Channel 基本設定の画面」→「メッセージ送受信設定」→「アクセストークン(ロングターム)」から「再発行」をクリックします。

3. 表示されるポップアップウィンドウから「再発行」をクリックし、アクセストークンをメモします。

※アクセストークンは IBM Cloud とデータの送受信を行うために使用します。

4. 「Webhook 送信」の「利用する」を選択し「更新」をクリックします。

5. 「Webhook URL」 に「https://<ホスト名>.mybluemix.net/sample」を入力し「更新」をクリックします。

(ホスト名は IBM Cloud で設定したものを入力します。)

(ホスト名の大文字は小文字として入力します。)

6. 「LINE@機能の利用」→「自動応答メッセージ」→「利用しない」を選択し「更新」をクリックします。

※IBM Assistant にて応答メッセージを送受信する為、LINEの自動応答メッセージは無効にします。

7. 「友だち追加時あいさつ」→「利用しない」を選択し「更新」をクリックします。

8. QR コードから友だち追加します。

9. IBM Cloud のダッシュボード画面から Node-RED を開きます。

10. Pre Line Message API ノードを編集し、<token>枠に LINE Developer でメモしたアクセストークンを設定します。


以上で LINE Bot の設定は完了です。

次回は、Raspberry Pi の設定についてご紹介します。